≪電力量を数値やグラフで「見える化」する4監視システム≫

新プロダクト「J−RM3シリーズ」は、改正省エネ法の対応はもちろん、施設の電気設備の管理と、省エネ・コスト管理を
実現する遠隔監視システム、電力使用量・発電量等の計測機能、及び、コスト削減を踏まえたデマンド監視・制御機能でエネ
ルギーと管理コストを総合的な削減方策を支援致します。
例えば、●電力量の見える化、●節電方策の決定、●デマンド値を下げ基本料金の削減、●保守点検費用などの見直し方策に
貢献します。
≪リモート監視装置の設置≫
1.省エネ、電力抑制、コスト削減
   電力監視の目的にあった契約種別毎のJ−RM3シリーズ(リモート監視機能)を導入する。
  ●リモート監視機能の導入機種
   電力監視(J-RMP) デマンド監視(J-RMD) 発電監視(J-RMS)


  @電力監視(電気の見える化・・・省エネ・使用量削減
    ・フロアー、機器の使用電力を把握でムダの排除
    ・建物丸ごとの電気使用量の遠隔管理
  Aデマンド値の監視(電力抑制・コスト削減
    ・ビル、工場などのデマンド値の監視で電力抑制
    ・デマンド値を下げ、電気の基本料金を削減
  B発電監視(コスト削減・クリーン電力
    ・電力使用量・発電量等の計測機能
    ・計測データのHP表示

2.電気保安点検作業費の削減
   高圧契約での「キュービクル点検」で絶縁監視の応用版の機種を導入する。
  ●リモート監視機能の導入機種
   絶縁監視(J-RMZ)の応用版


  C絶縁監視(保安点検の効率化・事故防止)
    ・事故の前兆をキャッチ、未然に事故防止
    ・建物の漏電検地と保安管理

***** リモート監視システム構成図 *****

***** リモート監視システム要件概要 *****

***** 電力監視システム *****

***** デマンド監視システム *****

***** 電力監視システム *****

***** 絶縁監視システム *****


ホーム・トップ   お問い合せ先(連絡先)