トラック系・ドライバーの基本的な心得

1.ドライバーの基本の3本柱
    1)安全運転・運行と事故撲滅
    2)CS(顧客)指向
    3)品質・サービス性・物流コスト(生産性)
2.ドライバーの責務
    1)安全第一、日々の物流活動(荷物の輸送)を実践する中で、安全(事故撲滅)と顧客(CS)指向に徹すること
    2)公共の論理を優先する、
      @物流活動の中で、輸送は唯一の社外に出て「公共空間」で行われる活動です。
      A企業の論理より、公共の論理を優先し、交通安全を最優先すること。
    3)ドライバーの職業的地位の向上を図る。
      @社会人・企業人としての自覚を持つこと
      A企業と社会・企業と顧客の最前線で活躍しているドライバー(輸送部門)の人達が日々の業務を遂行する中で「社会
       人・企業人」としての責任と自覚を持つこと
3.ドライバー教育(基礎知識)
    ドライバーの心理状態や健康状態は、多分に交通事故と結びつきを持っています。
    「腹が立っていた」「いらいらしていた」「いざこざや心配事があった」「健康がすぐれなかった」「あせっていた」など
    のゆとりのない心理状態が間接的事故原因となることが多く常に冷静、沈着、慎重にということが安全運転の必須要件です。

ドライバーの心得&基礎知識




ホーム・トップ   お問い合せ先(連絡先)