蓄電(UPS)システム

蓄電(UPS)システムのメリットは、停電時にも電気が使え、電気料金を抑えることができます。
さらに、ピークカット・ピークシフトに役立ちます。
そして、太陽光発電システムで作った電気を蓄えることができます。
デメリットとしては、価格が高いこと、設置のためのスペースが必要です。
さらに、無期限に充放電できません。
電気ロンダリング発生のリスクを回避する必要があります。
小規模事業所:蓄電(UPS)システム


中規模事業所:蓄電(UPS)システム


参考:避難所事例・蓄電(UPS)システム


ホーム・トップ   お問い合せ先(連絡先)